ロボットで運用される投信が流行ったことがある。

それがアクティブファンドでトップの成績をおさめたというのである。

 

diamond.jp

ドローダウン(下落幅)を小さくすること

を目標としているらしい。

運用会社のファンドマネージャーもトレーディングもいらない時代なのかもしれません。もちろん、人件費のかわりに、システム開発のひとにお金を払わなくてはいけないですが。